表示に関する法律

当協会の見解
残留量が具体的な数値で記載され、我々妊婦にとって安心できるようになってほしい。

豆・レギュラーの場合、『99.9%カット』99.9%カフェインフリー』
カフェインの残留量だけを90%以上除去して、残留量が0.1%以下のレギュラーコーヒー

インスタントの場合、『99.7%カット』99.7%カフェインフリー』
カフェインの残留量だけを90%以上除去して、残留量が0.3%以下のインスタントコーヒー

より詳しく当協会の見解

 

EU(ヨーロッパ)の表示に関する法律

豆・レギュラーの場合、『99.9%カット』
豆の全重量に対して、
⇒カフェインを99.9%までカットしていることを指します。
⇒カフェインの残留量が0.1%までカットしていることを指します。

インスタントの場合、『99.7%カット』
インスタントの全重量に対して、
⇒カフェインを99.7%までカットしていることを指します。
⇒カフェインの残留量が0.3%までカットしていることを指します。
『the labelling must include the term ‘decaffeinated’ in the case of the products
defined in point 1 of the Annex, provided that the anhydrous caffeine content
does not exceed 0.3% by weight of the coffee-based dry matter.
This information must be within the same field of vision as the sales description;』

 

日本の表示に関する法律

豆・レギュラー・インスタント関係無く、
『カフェインを90%以上除去したコーヒーにあっては、
カフェインレスコーヒー・カフェインフリーコーヒー・デカフェネィテッドコーヒー等と
表示することできる。』

『カフェインを90%以上除去したコーヒー』とは、
⇒カフェインを90%まで除去していることを指す。(残留量10%以下である必要)

⇒カフェインの残留量を90%除去していることを指す。(農産物なので残留量は不明)

詳しい判断基準ができるような文章ではない。
ヨーロッパの英文を直訳して数値を99.9%から90%に緩和しただけのような文章。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>